マイナス×マイナス

メンヘラ人工知能エンジニアのブログ/ 博士(工学)

のんほいぱーく

 ペンギンがすごいかんじらしいということで気にはなっていた,のんほいぱーくにいってみた.本当に,ガラス越し 1cmぐらいでペンギンが見れます.フンボルトペンギンさん,人に慣れすぎです.エサでももらえると思っているのか,みんな寄ってきます.ちょうどおなかが減ってたのかも知れません.フンボルトペンギンのブースは,ここの一番下のような感じ.これではわかりにくいけれど,右の人がたくさんいるところの壁の一部が全面ガラス張りになっています.そこにペンギンが寄ってきて,「えさくれー」って感じになってました.
 もっと寒いとこにすんでいるペンギンたちは冷房の効いた場所で飼育されています.一人で,「おまえが Gentooか!」なんて関心してました.陸上ではのほほーんとしている彼らですが,泳ぐとめちゃ速い.月並みだけどまるで飛んでいるように泳ぐ.きっとカスタマイズ性が高いのでしょう.ところで,キングペンギンやジェンツーペンギンが,たまに両翼を広げているのはなぜなんだろう?暑いからなのか,それともお腹でてるせいで重心が前にあるため転ばないようにしているのか,後者だとするとかわいいかもしれない.

ただ,前日の夜から徹夜状態でいくもんではないということ.園内広いので歩くだけで相当疲れました.そして,休日ということもあり,まわりは家族づれか,カップル,という雰囲気で一人で行くと寂しいというのが問題でしょうか?
#自然史博物館もそれなりに楽しかった.小学生ぐらいの子どもといっしょにティラノサウルスの化石(レプリカ)にびっくりしていた独身男

広告を非表示にする