マイナス×マイナス

メンヘラ人工知能エンジニアのブログ/ 博士(工学)

長崎観光

 学会発表のセッションの合間に、長崎観光をしてきました。今、長崎は龍馬ブームに沸いています*1。旅館へは旅館の方の車で言ったのですが、その途中で、「あの街灯の所にあるのが福山雅治の実家だよ」なんていう話も聞きました。

私は、浦上天主堂と平和公園、原爆資料館、原爆爆心地とか、原爆由来の場所を回ってみました。これらを選択したのは、原爆に興味があったからというわけではなくて、学会の会場から近かったからというだけです。と、言うつもりだったのですけれど、原爆資料館などを回ってしまうと、核兵器の使用反対!というイデオロギーに完全に感化されました。あれは恐ろしい兵器です。

 浦上天主堂では、被爆マリア像を見てきました。この像はどうやら観光客には公開していない*2ようです。私がカトリックだということが伝わると*3被爆マリア像のある小聖堂に案内していただき、見ることができました。

 原爆爆心地は、黒い石柱が置いてあるだけの公園です。私がついたときに、ちょうど日蓮宗系と思われるお坊さんが太鼓のようなものを叩きながら、「南妙法蓮華経、…」と題目を繰り返し唱えていました。ここはまだ原爆投下の街なのだと感じました。

*1:長崎には亀山社中など龍馬縁の場所があります。これらの施設ではすでに例年の年間来場者数を大きく超えているそうです。

*2:あるいは、通常の観光コースからは外れているようです。レプリカは見ることができます。

*3:これは、私から言ったのではありません。教授が係員の方と被爆マリア像の話をしているときに、教授からそれとなく伝わったものです。ちょうど被爆マリア像の話をニュースで見たあとだったのです。

広告を非表示にする