読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイナス×マイナス

統合失調症な人工知能エンジニアのブログ/ 博士(工学)

過呼吸にペーパーバッグ法はだめらしい

 昨日の夜は急に過呼吸っぽい呼吸困難状態になりました。これで3度目です。私の場合手が麻痺するなどの症状が出ないので厳密には過呼吸ではないかもしれません。まあ、救急車を呼ぼうか迷う程度に苦しいことには変わりありません。過呼吸で死ぬことはないということなので毎回踏みとどまっています。
 例によってペーパーバッグ法を試してみるのですけれど、いっこうに効いてくるきがしません。結局この前と同じ様に睡眠薬を使って眠ることで対処しました。異常な興奮状態からでも眠れるのは睡眠薬の怖いところですね。私がもらっている睡眠薬には抗不安作用があるので、それが効いているのかもしれません。
 広く知られているペーパーバッグ法ですが、現在は勧められていないのだそうです。

 二酸化炭素不足を補うために自分の呼気を吸い込むというのがペーパーバッグ法ですが、二酸化炭素不足を補う前に低酸素になる、二酸化炭素そのものが不安感を助長する、そもそも有効なことが滅多に無いとかで現在は行われていないとのことです。代わりに勧められているのが腹式呼吸による深呼吸です。たしかに言われてみれば胸のあたりでの浅い呼吸になっていたきがします。今度過呼吸が来たら試してみることにします。