マイナス×マイナス

メンヘラ人工知能エンジニアのブログ/ 博士(工学)

ルーランが減った

 今日は診察に行ってきました。これで今月は4回目の診察でしょうか。毎回押しかけています。今回は来週に中国へ行くために診察に行けないため、病院へ行きました。
 それで、まだアカシジアがあること、昼間眠いことを話すと、ルーランが1錠減り、飲む時間も変更になりました。これまでは、朝2錠、夕2錠だったのが、夕1錠、寝る前2錠になりました。ルーランは一時期の安定していたときの量である12mgに戻り、代わりにワイパックスが入っているという状態です。
 思えば、強い不安感が出てからルーランを増量して、今度は副作用に悩まさられるという展開になり、ルーランの増量は完全に失敗でした。今回のルーランの減量でアカシジアが完全に消えることを願っています。ルーランを20mg飲んでいた頃に比べ、アカシジアは弱くなっているので期待できると思います。一方の不安感のほうにはワイパックスがあるので、これも安定するでしょうか。今は強い不安感はありません。ルーランの減量がどう影響するのかはわかりません。
 夜になんども目が覚めることもうったえたのですが、今回はルーランを飲む時間を変えて様子をみることになりました。昼間に眠いのはルーランの副作用の為か、夜に眠れていないためかわかりません。ルーランは抗ヒスタミン作用があるので眠くなるのです。風邪薬で眠くなるのと同じです。
 そういえば、体がこわばるような感じが軽くなっています。ワイパックスの筋弛緩作用のせいでしょうか?
 これで私の1日の薬は、ルーラン12mg、ワイパックス1.5mg、アキネトン3mg、ロヒプノール2mgになりました。こんどこそ、体調が安定するのを願うばかりです。
 激しい症状よりは気力の無さのような弱い症状も辛いです。作業をしようという意思はあるのですが体が、脳が、受け入れないのです。緩やかな辛さがここにあります。今は緩やかな辛さがあります。耐えていかなければならない。生きなければならない。

広告を非表示にする