マイナス×マイナス

統合失調症な人工知能エンジニアのブログ/ 博士(工学)

昨日の体調の不思議

 twitterにもかいたけれど,昨日は午後3時ぐらいから体調が回復した.それまで全く進んでいなかった作業を1日で終わらせることができた.昨日のブログにも書いたとおり,午前中は病院へ行っていた.病院の待合室でも怠くてイスでグッタリしていた.なぜ,急に体調が回復したのかはわからない.ルーランを3日前ぐらいから勝手に増やしてのんでいたので,その効果がでたのかもしれない.
 昨日の復調は本当に感動的でさえあった.これまで一月半の無気力感との戦いは私の精神を大いに蝕んてでいた.研究会原稿を書かなければならないのだが,締切り2日前に全く動けずに1日寝ていたりしたものだ.気ばかり焦るが全く動けないのだ.出来上がった原稿もメタメタで教授にはダメだしをくらい,お叱りメールを受け取り,さんざんだった.バイトには這うようにしていき,強烈なダルさの中でなんとか働き,なんとかかんとか欠勤せずに働いていた.苦労して見つけたバイトであるが,当日にいきなり欠勤とかを繰り返していたらクビになるのは避けられないだろう.そして,バイトがある日は帰ってくるとヘトヘトで全く動けないのだ.今回が一番体調がわるかったというわけではない.今回以上に体調がわるいことはあった.しかし,その時はバイトや研究で切羽詰っていたわけではなかったので,寝ていればよかったのだ.ここ一月の体調の悪さはこれまでで5番目ぐらいだろう.
 今回の復調エピソードのおかげで,ダルさが夏バテやビタミンB不足という仮説は退けられると思う.ルーランを増やして復調したので過鎮静でもない.陰性症状の波だったと言えると思う.ルーランを減らしてしばらくしてからダルさが現れ始めて,ルーランを戻して3日目に復調した.今回のダルさはルーランの減量が原因だった可能性が高いと思う.
 しかし,昨夜は夜4時前ぐらいまで眠れず6時ぐらいに起きてしまった.しかし,眠気はとれなかったので,その後もベッドでグダグダしてしまい,起きたのはお昼前になってからだった.ロヒプノールで体はフラフラなのだが,何故か眠ることができなかった.かなり睡眠の質が悪かったのだ.
 この経過を見るに,昨日の復調はむしろ過覚醒のような状態だった可能性がある.良くなったというよりは逆方向に振り切れているという可能性もある.今後もこの状態が続くのなら,燃え尽きてしまうかもしれない.
 さて,今日の体調なのだが,昨日ほどではないにしろいつもよりは良いようだ.少なくともあまり怠くはないし,無気力感もない.このまま復調していくのだろうか?睡眠障害のほうの影響が気になるところである.

広告を非表示にする