読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイナス×マイナス

統合失調症な人工知能エンジニアのブログ/ 博士(工学)

きょうはまあまあの体調

 日課となってきた体調記録です。
 今日は昼からバイトがありました。レメロンを飲み始めてから昼過ぎまで寝ているので、起きれるか心配でしたが、何とか起きられました。バイト中にもだるくなることはなく、まあまあの体調です。しかし、バイトが終わって夕方になると、身体がだるくなってくるのを感じました。そのまま横になっていたら、いつの間にやら少し寝ていたようです。眠気はそれほどでもなかったので、レメロンに身体が徐々に慣れつつあるのだと思います。あと、デプロメールのせいか少し吐き気を感じます。デプロメールは飲み始めに吐き気を伴うことがあるのだとか。それほど強い吐き気ではなくなんとなく気持ち悪い程度です。私の飲んでいるルーランには吐き気止めの効果があるらしいので、そのへんも関係あるかもしれませんね。
 レメロン、デプロメールは今のところ眠気以外の副作用もなく、その眠気も徐々に治まってきていることから忍容性は高そうです。来週ぐらいには効果が確認できると良いのですが…。
 今日はカルボニルストレス性統合失調症という仮説について知りました。
http://d.hatena.ne.jp/phnet/20100612/1276358797
http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA02941_04
 詳細はリンク先を見ていただくこととして、これからの研究の発展に期待したいところです。あと、公演を効いていた方のtwitterでの情報によると、現在市販されている活性型ビタミンB6では分子構造が違うため効果が無いのだとか。このへんはさらに信頼度がさがりますので、各自で判断してください。
 先週の土曜に引き続き、今日も土曜の夜ミサに顔を出してみました。信心深くない私が2週連続でミサに出るなんて、槍でも降ってくるかもしれませんね。私はカトリックに何を求めているのだろうか?幼児洗礼を受けてそのままズルズルとクリスチャンをやっているのでよくわかりません。人生の警句や報い、生きる意味なんかを求めているのかもしれませんね。踏み込めないが引けもしない微妙な距離感を感じます。キリスト教の倫理観には惹かれるものを感じるのですけれど、神の沈黙というやつを感じずにはいられません。遠藤周作の『沈黙』なら最後に神の実在を感じるところではありますけれど、私はそれにたどり着けそうにありません。まずは自分の足元を支えないと、隣人愛なんて言っていられませんね。「祈りましょう」と言われても、病気やお金のことしか頭に浮かびません。
 そろそろ、研究室バイトに決着をつけて、本格的に論文執筆を始めたいところです。まずは、リジェクトされた論文のリバイズ。そして、これまでの成果をまとめた2本目の論文の準備、執筆。そして、次の研究のための実験と予定はみっちり詰まっています。昨日話した案件の行方も気になるところです。レメロンが効いてやる気バリバリとまでは行かなくても、終日寝こむようなことがなくなればと願っています。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ