マイナス×マイナス

メンヘラ人工知能エンジニアのブログ/ 博士(工学)

少し体調が落ち着いた

 今日は夕方まで動けなかったが、昨日一昨日ぐらいは不安感以外は特に問題がなく、体調は比較的良好だった。やはり、安定剤を飲んでから、時間が経つと胸痛感があり、安定剤を飲むと治まる。そのため、この胸痛感は不安感によるものだと思う。
 先週は倦怠感がひどくて、毎日夕方まで動けないような状況だったのだが、最近はマシに成っている。私を苦しめているアカシジアの発生頻度もかなり減り、土曜日に軽いアカシジアがあった以外は特に問題が無いようだ。アキネトンが聴いているのだろう。なんとなくだが、体調がわるい時はアカシジアにならないように思う。逆に体調がいい時はアカシジアが発生することが多い。アカシジアになると、ルーランをやめようと毎回思うのだが、ルーランを飲まないと廃人状態に戻ってしまう可能性が高いので、踏みきれずにいる。まあ、最近はアカシジアにならないので、問題無いのだ。
 今日から研究が再開できるようになった。スペクトル歪みに関する文献を読んでいる。これまでの成果とスペクトル歪みの実験を加えれば論文にできるだろう。Maiaの論文も読まなければならない。
 私の生活のリソースは闘病活動とでも呼べる活動に大きく割かれており、なかなか社会生活が送れないのが現状だ。それでも、家庭教師やバイトを何とかこなしており、生活が破綻していないので頑張っているほうだと思う。体調が悪い時は本当に何もやる気が起きず、かなりキツイのだ。
体調は良くなったり、悪くなったりするので、なんとも言えない。安定した状態が続くのを祈るばかりだ。最近は生きる意味について考えていて、「夜と霧」などのフランクルの著作を読みなおしている。これが一瑠の光明だ。将来に希望が持てなくても、各人に生きる意味があるはずなのだ。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

広告を非表示にする