マイナス×マイナス

統合失調症な人工知能エンジニアのブログ/ 博士(工学)

睡眠薬をロヒプノールに戻してもらったよ。あと論文大変だよ。

 
 
 

 ドラールの昼間の眠気のせいで事故を起こしてしまったので、睡眠薬をロヒプノール2mgに戻してもらった。事故の請求額は予想外に高くて正直困ったが、なんとか払える範囲だ。生活を切り詰めて節約していた甲斐(?)があったというものだ。人身事故じゃなかっただけ良しとしよう。でもうちょっと貯金が貯まったら保険に入ろう。まあ、ここ最近は家庭教師も増やし、毎月ちょっとずつ貯金が増えていっているので、気にしないことにする。ちょっと前までは毎月収支±0だったけれど、研究員雇用のおかげでまともな生活ができるようになった。とはいえ、いまだに地デジチューナーすらかっていないのだが…。これには、インターネットで十分という理由もあるのだけれど。

 さて、先週の土曜日に面接にいった会社の内定(?)の話を研究室のスタッフの皆さんにしてみると、つよく反対された。反対理由は主に2点。1つは激務そうなので私のメンタルがもたなそうだということ、あと助教の先生が言うには「この時期で大学への就職をあきらめて、そんなとこ行くのはもったいない」とのことである。確かに、小さな会社でこれからどうなるか全くわからないので危険度は高いのだ。しかし、ほかに決まるのかという不安もあるのだ。最終的には教授のコネで有名な研究企業の子会社へ行ける道もあるようである。こちらの企業は、私が豆腐メンタルなことも話が通っていて、考慮してくれるらしい。

 あとは、博士審査に間に合わせるために論文を書いているのだけれど、これの出来がひどい。自分でも思う。だが、ここ一月ぐらいはまともに休んでいなくて、さらに論文の方向転換が決まってから二日で書き上げたので、ボロボロなのは仕方ないと思う。というか、朝は体が鉛のように重くて「ダルイ・・・動けん・・・これは無理だ・・・」という状況の中、よく頑張ったほうだと思う。まあ、幸い今日は体調が多少回復し、論文の修正をすることができた。だが、今日頑張った分のつけは明日に回されることになるだろう。今日は病院寝過したらいけないので、ドラール半錠だけ飲んだ。結果あまり眠れなかった。それにこんな時間までいろいろあって疲れた。それでも眠くならないのが私の今の不眠状況である。論文書き上げた日は4時まで起きていたが全く眠くならなかった。ドラールききすぎとはいえ、睡眠薬がないと眠れないのである。ロヒプノールでよく眠れればいいのだけれど、前に眠れなくなって変えているから、どうなるかは飲んでみないとわからない。だめだったら、ドラール半錠と一緒に飲もう。

 当面の課題は就職をどうするか、今の論文がはたして通るのか、博士審査がどうなるのか、である。てんこもりだね。

 (統失タグつけるのやめて、メンヘルタグにかえた。微妙なラインの人なので。)