マイナス×マイナス

統合失調症な人工知能エンジニアのブログ/ 博士(工学)

グリシンをポチってみた

 
 
 

 昨日、今日とダルくて仕方ないので、グリシンをポチってみた。気休め程度にはなるのではないかと思っている。

グリシン 1000mg 海外直送品

グリシン 1000mg 海外直送品

 グリシン療法については、

http://www.schizophrenia.com/glycine.htm

http://hoffer.blog.ocn.ne.jp/blog/2012/08/nmdac_6f06.html

を参照してください。私は責任もてませんのであしからず。まとめると1日 30mg/kg (漸増する)摂取すると陰性症状が改善する、かもしれないというものである。大量服用すると腎障害の可能性があるそうなので、おすすめできない。私も大量に服用するつもりはない。

 さて、明日は診察だ。昨日今日のダルさと睡眠薬が効き過ぎること訴える予定。いつも診察に行くときには予め話すことをまとめておく。

 ここ最近のダルさは本当にきつい。今日はなかなかベッドから動けなかった。これでは確実に会社をクビになる予感。何か突破口が欲しいところだ。いつもしばらく休んでいると波が過ぎ去るので、今回もそれを待つしか無い。そして、グリシンサプリはあくまで気休めである。エビリファイより効くとは思っていない。

 ところで、河野太郎議員のブログで統合失調症を取り上げていた。

 http://www.taro.org/2013/04/post-1340.php

 脊髄反射的にコメントを書いてしまった。統合失調症の医療費が5位、医療費全体の4.2%に当たるというのだ。私はこれはありそうなことだなと思った。患者数こそ0.7%だが、非定型抗精神病薬は高い。更にデイケアの費用を考えると更に高くつく。患者は自立支援医療で月額5000円~15000円ぐらいに抑えられるが、残りは国の負担になる。統合失調症はお金がかかる病気なのだ。