読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイナス×マイナス

統合失調症な人工知能エンジニアのブログ/ 博士(工学)

統合失調症患者の脳組織の減少と抗精神病薬には関連性がある

Loss of Brain Tissue in Schizophrenia Tied to Antipsychotics
By Rick Nauert PhD Senior News Editor
Reviewed by John M. Grohol, Psy.D. on September 12, 2013
http://psychcentral.com/news/2013/09/12/loss-of-brain-tissue-in-schizophrenia-tied-to-antipsychotics/59443.html

また、抗精神病薬と脳萎縮の関連性に関する研究。
抗精神病薬を多く飲んでいるほど、また期間が長いほど、脳組織の萎縮との関連が見られたというもの。

 さて、抗精神病薬のリスクとベネフィットを考えないといけませんね。
私は抗精神病薬を飲まないと全くうごけなくなるので、たとえ、リスクがあっても飲まないわけには行きません。しかし、ちょっと衝撃的な研究です。

 

 ただ、長期間での研究には第2世代抗精神病薬は入っていないでしょうから、まだまだ追跡的な調査が必要なのだと思います。

関連記事: