マイナス×マイナス

統合失調症な人工知能エンジニアのブログ/ 博士(工学)

最近の体調

 明日は診察日です。そして、大学に来る精神科医のセカンドオピニオンを受ける日です。さて、前の診察日からここ2週間の体調ですが、かなりいいといえるでしょう。今までのように悪い日も良い日もあるという感じではなく、継続的に良い状態が続いています。前の診察でルーランが減り、ワイパックスを増やしたのは良い選択だったようです。前にも書きましたが、飛行機に乗ったときにワイパックスを飲む間隔があいてしまった時に不安感を感じました。ワイパックスの抗不安作用は確かなようです。途中、中国で国際会議の発表という大きなストレスとなることがあったにも関わらず、症状は悪化せずに乗り切れました。思えば、就職活動を契機にして悪化した私の精神も落ち着きを取り戻したようです。
 2週間前までは、ルーランの副作用であるアカシジア(静座不能症)に苦しんでいました。今はそれもありません。時々足がそわそわする感じがあるのはアカシジアが多少残っているからかもしれません。しかし、座っていられない感じやアカシジア特有の不穏感、息苦しさなどは感じません。
 昨日、今日とプログラムを書くのにも集中力が途切れずにやれています。しかし、やや疲れやすいようで、活動できる時間は8〜10時間が限界です。それ以上になると頭がぼーっとしてきます。これもちょっと前までは、3、4時間が限界だったので、劇的な進歩です。これだけ活動できる時間があれば、普通に生活できるでしょう。休学中はバイトでもしようかとおもっています。それから、普通の社会生活を遅れるようになるのでしょうか?寛解まであと一歩といったところです。
 中国に行っている間はグリシンを飲んでいませんでしたけれど、特に体調に影響は無いようです。やはり3g/日では気休めにしかならないようです。本当は48g/日取る必要があるのですから。そしてその量をとると肝臓にダメージがあるという諸刃の剣です。
 あと関係ないですけれど、中国旅行の影響か、最近のどが痛いのと指の皮がむけるのがあります。のどにはトローチ、指にはステロイド外用薬(エンクロン)で対処しています。

広告を非表示にする