マイナス×マイナス

統合失調症な人工知能エンジニアのブログ/ 博士(工学)

だるいのでまた診察に押しかけてみた

 ロヒプノールの増量でちょっとは持ち直したものの、やはり体のダルさが取れません。ぐったりして起き上がるのが辛いような状態もあります。来週はいろいろ忙しくて大変そうなので、今週中に体調をどうにかしたくて病院に行ってみた。さすがに先週も言っているので受付の人から、体調が悪いのですか?みたいな質問を受けました。だるいだけなので微妙なのですが…。さすがに何度も行くと迷惑だろうか?
 診察では「体が異常にだるいです。やる気もありません。」と訴えてみました。そうすると、「だるいというだけではなんともいえないな」というような微妙な反応でした。たしかに、妄想や幻覚があるわけでもないし、異常な興奮があったり躁転してるわけでもないので微妙なのでしょう。先生は陰性症状に苦しんでいるのを理解しているのかなあ?と少し不安に思う。たしかに、一月半続いているとはいえ、夏バテかもしれないし、一過性の状態かもしれないし、陰性症状のぶり返しとは限らないのである。しかし、そこはねばって、ルーランを増やしてくださいとお願いしてみると、1錠増やしてもらえました。これでよくなるのかどうかはわかりません。
 あとは、ノイロビタンというビタミンB錠剤が追加になりました。ビタミンBは意識して摂取するようにしているので、特に必要が無いような気がします。しかし、そこは保険が効くので2週間分で40円です。これは安い! 量(mg)とかは特に書いてないのでどのぐらいなのかわかりません。とりあえず2錠飲むことになりました。ただのビタミン剤なので、お薬110番にも「強い作用があるとはいえませんが、副作用の心配はありません。」としか書いてありません。微妙です。
 これで私の一日の薬は、ルーラン12mg、ワイパックス1.0mg、アキネトン2mg、ロヒプノール1mg、ノイロビタン2Tになった。
 来週は研究室合宿、研究室恒例の登山、研究会で発表とイベントが目白押しです。特に登山が乗りきれるかどうか心配です。当日に体調が悪いようなら辞退しようかと思います。