マイナス×マイナス

統合失調症な人工知能エンジニアのブログ/ 博士(工学)

ロヒプノールがさらに減った

 今日は診察に行ってきました。
 今日は10時半ぐらいに病院に行ったら、あまり待つこともなく診察を受けれました。むしろ、中途半場に早く行かないで、ゆっくり病院に行ったほうが待たずにすむようです。病院の待合室でアカシジアっぽい患者さんを見ました。立ち上がって常に足を動かしているあの感じは多分アカシジアだろうと思います。私も病院の待合室で歩きまわっていた頃を思い出しました。強いアカシジアがあると本当に苦しいので、あの患者さんのアカシジアがちゃんと対処されているのか気になる。アキネトンとか飲んでいるんだろうか?
 診察は、いつものように、
医者:「調子はどうですか?」
私:「特に悪くなることはありませんでした。」
 という感じでした。それで、ロヒプノールを半分に割って飲んでますというと、病院の方で予め割って出してくれることになりました。何でも、真ん中に線が入っている錠剤は病院で割って出してくれるらしい。これで、毎晩、寝る前に包丁を取り出す手間が省けるというモノだ。私としては、ロヒプノールじゃなくて、レンドルミンでもいいかと思ったんだけど、ロヒプノール0.5mgでもなんとか起きれるので良しとしよう。
 これで、私の一日の薬は、ルーラン12mg、ワイパックス1.5mg、アキネトン3mg、ロヒプノール0.5mgになった。
 睡眠薬はこれでいいとして、あとはアキネトンをどうにかしたい。まあ、特に副作用で苦しんでいるわけでもなし、このまま飲み続けてもいいんだけれど。