マイナス×マイナス

統合失調症な人工知能エンジニアのブログ/ 博士(工学)

診察に行ってきた

 今日は2週間ぶりの診察日でした。相変わらず、待ち時間は長く、2時間ぐらいかかりました。
 診察では、
医者「体調はどうですか?」
私 「問題ありません。」
医者「眠れてますか?」
私 「眠れてます。」
医者「他に気になることはありますか?」
私 「特にありません。」
医者「じゃあ、いつもどおり(薬を)だしておきますね。」
というここ最近の定番パターンでした。診察時間は2分ぐらいじゃないだろうか?症状が落ち着いているのは良いことである。これで、待ち時間がもっと短ければ言う事無いんだけど。患者が多いので予約診療にするのは無理そうだし、今の安定状態を作り出したのは医者のおかげである。あんまり文句いっても仕方ないだろう。ゴールデンウイークをがあるので、今回の薬は3週間分でた。もっと診察の回数を減らせると、煩わされずにすむのだけれど、まだ病状が安定してから日がたっていないので2週間ごとに診察しなければならないのだろう。
 病院の待合室にはテレビが置いてあって、ずっとNHK総合を流している。これがうるさくて仕方ない。私は携帯音楽プレーヤーで音楽聞きながら待っているのだけれど、テレビの音が混ざるし、人の話し声って意識にのぼってくるので不快だ。イヤホンで両耳をふさいでしまえばいいのだが、そうすると呼び出しの声が聞こえなくなってしまって困るのである。あのテレビを撤去して、イージーリスニング的な音楽を流してくれればいいのに。
 これで寛解状態二ヶ月目である。この調子でずっと安定していてくれればいいのだけれど、どうだろうか?最近は体調がよいので、薬を飲み忘れそうになることがある。症状が悪い時は、すがるように薬を飲んでいたので、飲み忘れることはない。なまじ体調がよいと、そういえば飲んでなかったという状態に何度かなった。昼の薬がいくつか余っていたりする。食事の前に薬を用意するようにしたほうがいいだろうな。

広告を非表示にする