マイナス×マイナス

統合失調症な人工知能エンジニアのブログ/ 博士(工学)

ロヒプノールの謎

 先日、診察に行ってきて、中止していた睡眠薬のロヒプノールの投与を再開しました。私としては、ルーラン抗うつ剤でも増えるのかと思っていたので、正直いってがっかりしました。睡眠薬を増やしたからといってどうにかなるとは思っていなかったのです。しかし、ロヒプノールを再開するとすぐに体のダルさが嘘のように軽くなりました。
 過去のブログを見直すと、ロヒプノールを中止した時期と倦怠感や無気力感を感じ始めた時期が一致しています。この症状はロヒプノールの中止が原因だった可能性が高いです。しかし、ロヒプノールを飲んでいなかった間、多少寝付きは悪かったものの特に睡眠時間が短かったわけではなく、なぜ症状が改善したのか全くわかりません。本人が気づかなかっただけで、眠りが浅かったのかもしれません。それが蓄積してきて、倦怠感や無気力かとして現れていたのでしょうか?それだとしても、睡眠不足で眠気が強いという事もなかったので、やはりよくわかりません。
 ロヒプノールを再開してから、10〜12時間ぐらい寝ないと起きれなくなり、朝もスッキリ起きれません。途中でトイレに起きてしまうと、フラフラして歩くのに苦労します。まあ、ロヒプノールを飲んでいなくても朝は体が重くて起きれなかったので、あまり変わっていないとも言えます。飲んでいなかったときは体の重さはあるのですが眠気はありませんでした。今は、体の重さはないけれど、眠気が強くて起き上がれません。統合失調症の私には8時間睡眠では足りないということでしょうか。
 この薬を飲んでいると、いやに夢見が悪いような気がします。今日もバイトで失敗するというような夢を見てうなされました。おそらく、朝方に睡眠薬が切れかけの状態で寝ているために眠りが浅くなって夢を見るのだと思います。どうせなら良い夢を見れればいいのですが、悪夢ばかりです。
 ロヒプノールを中止していたときは、一日中ダルくて体を起こせない様なときもあったので、朝に起きれないぐらいの副作用は甘受すべきでしょうか。しかし、抗精神病薬でもないタダの睡眠薬であるロヒプノールで体のダルさがとれたのは驚きです。お医者さんの言う事は聞くものですね。今の先生はどこか説明不足なところがあるので、どうも不信感を感じてしまうのです。

広告を非表示にする