読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイナス×マイナス

統合失調症な人工知能エンジニアのブログ/ 博士(工学)

今日の診察

 さて、今日の診察ではいろいろありました。

 まずは、前回にいったときにワイパックスから変更になったメイラックスの感想です。だいぶ心臓の圧迫感が軽減されているように思います。ここまで変わるとは思っていなかったので正直驚いています。飲み始めはやはりワイパックスより弱い印象でした。しかし、長時間作用型なため重ねがけ効果があり、連日服用しているといつの間にか心臓の違和感が気にならなくなってきました。これはいけそうです。

 次に睡眠についてです。働き始めてからすぐはロヒプノール2mgで4時間しか眠れなくなってしまったので、ベゲタミンBを1錠追加されました。しかし、どうも最近は効き過ぎている気がすることを相談しました。そこで、ベゲタミンBをコントミン25mgに変更することになりました。もともとベゲタミンは配合錠で成分にコントミンを含んでいるのですが、バルビツール酸フェノバルビタール)はこれでなくなったことになります。最近の睡眠から考えて、これで十分眠れるでしょう。ベゲタミンは本当に起き上がれないぐらいに効きました。

 さて、最後にアカシジアについてです。私はアカシジア対策にアキネトンを飲んでいました。発作的に歩き回りたくなることはなくなったのですが、それでもまだ足や手をぷるぷるしたくなります。そこで、アキネトンアーテンに変更することになりました。正直あんまり飲みたくない薬ではあります。これでぷるぷるが収まればよいのですが。アカシジアの苦しみは体験したことがないとわからないでしょう。「いてもたってもいられず歩き回りたくなる」症状なのですが、これを説明しても「じゃあ歩けば」と何度言われたことか・・・。アカシジアを苦にして亡くなる方もいるというのに。

 新しい先生の印象としては、知識豊富で頼れそうです。しかし経験は前の先生の方が多そうだなといういんしょうです。元々大学病院にいらっしゃった先生なので最近の研究動向なども調査されているのだと思います。(アキネトンがやや覚醒するというのは初めて知りました。多幸感出ることがあることは知っていましたが)